ファッション

「ディオール」韓国初のショーにBLACKPINKのJISOOが来場 新ポップアップもオープン

 「ディオール(DIOR)」は4月30日、2022年ウィメンズ・フォール・コレクションのランウエイショーをソウルで開催した。韓国で行われるのは今回が初めて。フロントローには、同ブランドのグローバルアンバサダーを務めるBLACKPINKのJISOO(ジス)のほか、元フィギュアスケート選手のキム・ヨナ(Kim Yuna)、ドラマ「Pachinko パチンコ」に主演した俳優のキム・ミンハ(Kim Minha)、モデルのアイリーン・キム(Irene Kim)、K-POPガールズグループ、レッド・ベルベット(RED VELVET)のイェリ(Yeri)らが着席した。

 会場となった梨花女子大学校には、巨大なスケートパークを思わせる舞台を設置。ショーのオープニングには複数の女性スケートボーダーが登場し、女性のエンパワメントやシスターフッド、多面性のある女性らしさを表現した。なお、「ディオール」は次世代の女性リーダー育成のため、22年3月に梨花女子大学校とパートナーシップ契約を締結している。

 今回のショーに合わせて訪韓したマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)=アーティスティック・ディレクターは、「K-POPは娘を通じて聞くようになり、BLACKPINKにもとても感銘を受けた。JISOOはポジティブでエネルギッシュな女性性を体現しており、『ディオール』の素晴らしいアンバサダーだ」と語った。

 韓国の金融監督院によれば、「ディオール」は韓国市場で業績を伸ばしており、21年の営業利益は1047億ウォン(約107億円)と前年の2.4倍だった。ピエトロ・ベッカーリ(Pietro Beccari)=クリスチャン ディオール クチュール(CHRISTIAN DIOR COUTURE)会長兼最高経営責任者は、「韓国で業績が非常に好調なことを受けて、売り場を拡大する複数のプロジェクトが進行中だ」とコメントした。

 現在、「ディオール」のウィメンズは韓国で12店を運営。それに加えて、新たなポップアップストア「ディオール ソンス(DIOR SEONGSU)」をオープンした。3月にリニューアルオープンしたパリ本店を着想源とした「ディオール ソンス」の広さは約700平方メートル。カフェも併設されており、数年にわたって営業する予定だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。