ファッション

30代富裕層の本音トーク 私たちが“幸せ”を感じるモノやコト

有料会員限定記事

 コロナ禍の移動制限により旅行やレジャーは激減。その結果、国内の富裕層市場はバブル期を迎えた。昨年秋にスタートした富裕層連載の平山美春さんと友人の渡辺紗耶子さんに今の価値観や市場に求めるモノやコトを聞いた。(取材協力:トーヨーキッチンスタイル東京)
私物に関する店舗への問い合わせはお控えください

 平山さんと渡辺さんが出会ったのは2019年秋、2人が通っていた習字教室だった。「今まで日本文化をあまり学んでこなかったので習おうと思いました」と平山さん。茶道を習っていた渡辺さんは、友人の紹介で習字も始めた。お茶会のときに筆で記帳するので、会員の友人に紹介してもらいました」。2人が習い始めたタイミングが同じで、年齢も近いので親しくなったそうだ。

 親しくなった理由には“食べることか好き”“ファッションの好みが似ている”といった共通点もある。2人が好きなブランドは「シャネル(CHANEL)」や「グッチ(GUCCI)」。「平山さんには、おすしや洋食、いろいろなお店に誘っていただき、ご一緒しています。彼女と好みが似ていて、同じモノを持っているので会うときにかぶったらどうしようと思うことも(笑)」と渡辺さん。乗馬も2人の共通点だ。平山さんは、書道のほか、薬膳などさまざまな料理教室に週に1回のペースで通いつつ、学生時代にいそしんだ乗馬を楽しんでいる。渡辺さんも学生時代に乗馬をしていたそうで、今は書道とお茶、季節ごとの料理教室に通っている。

フランス留学で得た美意識

この続きを読むには…
残り2164⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら