ファッション

寅年を祝うタイガーモチーフのファッションアイテムが勢ぞろい 「ディオール」や「ルイ・ヴィトン」など21ブランドから

 2022年の干支、寅年にちなんで2月1日に控える中国の旧正月を祝うバラエティー豊かな商品が登場している。オレンジや虎の豹柄を取り入れたものから、タイガーモチーフとして虎をデザインに落とし込んだインパクト大のもの、新年を祝う赤を全面に使ったものまでブランドが打ち出すユニークなアイテムの数々を紹介する。

1 「ディオール」

 「ディオール(DIOR)」はアーティストのケニー・シャーフ(Kenny Scharf)とコラボレーションしたタイガーモチーフのアイテムを発表。ウィメンズでは新年を祝って、ピンクと希望の象徴である蝶をあしらったアイテムを展開した。


2 「ルイ・ヴィトン」

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、ブランドのアイコン的商品であるトランクに虎が前足をかけているデザインのスカーフなどを発売。ほかにも食器やパズルセットなどにアレンジを加えた。


3 「グッチ」

 本物の虎とともにキャンペーン撮影を行った「グッチ(GUCCI)」は、タイガーモチーフのアイテムに加えて、パッケージングも同モチーフにアップデートして新年を祝った。同コレクションを扱うポップアップも世界各地で展開している。


4 「プラダ」

 「プラダ(PRADA)」はタイガーモチーフを取り入れてはいないものの、縁起が良いとされる赤を使って新年を祝うキャンペーンを展開。「アクション イン ザ イヤー オブ ザ タイガー」と題したキャンペーンを通じて、中国の野生動物保護や生態系保護を掲げる団体に寄付をする。ほかにも、寅年にちなんだアート作品を募集し、30歳以下のクリエイターを支援するプロジェクトを発足した。同キャンペーンへの応募は「プラダ」の公式ウェブサイトから可能だ。


5 「ミュウミュウ」

 「プラダ」と同じく、姉妹ブランドの「ミュウミュウ(MIUMIU)」もタイガーモチーフは取り入れていないが、新年を迎えるキャンペーンを展開している。


6 「ボッテガ・ヴェネタ」

 “ボッテガグリーン”で2021年にトレンドをさらった「ボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」は、22年の寅年キャンペーンはオレンジで仕上げた。オレンジカラーやタイガーモチーフをあしらったカセットバッグが登場する。


7 「バレンシアガ」

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は、虎に焦点を当てたコレクション“バレンシアガ イヤー オブ ザ タイガー(Balenciaga Year of the Tiger)”を発売した。同ブランドの一部直営店と公式オンラインストアで取り扱っている。キャンペーンビジュアルは、20年プレ・フォール・コレクションの広告ビジュアルを撮影したフォトグラファーのクリス・マッジョ(Chris Maggio)が担当。ある角度から見ると1人のモデルが2人いるような錯覚風の演出で、独特の世界観を表現した。


8 「フェンディ」

 ブランドのモノグラムを使って赤とタイガーモチーフで新年を祝ったのは、「フェンディ(FENDI)」。ウェメンズとメンズのアパレルや、“ピーカブー ミニ(PEAKABOO MINI)”バッグなどを展開している。


9 「ヴェルサーチェ」

 「ヴェルサーチェ(VERSACE)」も赤を基調として、虎に焦点を当てたキャンペーンを打ち出した。オリンピック出場経験のあるフィギュアスケート選手のチェン・ルー(陳露、Chen Lu)や、ダンサーのリュウ・ジャ(刘迦、Liu Jia)が中国の旧正月を祝うパフォーマンスをする演出となっている。


10 「ジョルジオ アルマーニ」

 「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」も寅年にちなんだキャンペーンを展開。「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」でも演技の良いとされるシンボルやタイガーモチーフを取り入れたアイテムを販売している。


11 「オープニングセレモニー」

 ニューヨークを拠点とするセレクトショップの「オープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)」は、旧正月を彩る真っ赤なフーディーやTシャツを手掛けた。


12 「バーバリー」

 「バーバリー(BURBERRY)」はブランドを代表するモノグラムに赤色を加えたり、トラ柄のバッグを手掛けたりして寅年を祝した。


13 「ランバン」

 「ランバン(LANVIN)」は中国のモデルを起用し、イラストを使って寅年を全体で表現したキャンペーンを打ち出した。


14 「ヴァレンティノ」

 中国の旧正月を祝うカプセルコレクションを発売した「ヴァレンティノ(VALENTINO)」は、1967-68年秋冬コレクションで初めて虎柄を取り入れたコートを発表。今回は、当時のアーカイブから着想を得たコレクションとなっている。


15 「サルヴァトーレ フェラガモ」

 「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」は、正面に一頭の虎を描いたバッグをデザインした。キャンペーン画像では桜をあしらい、新年を祝う演出を施した。


16 「モンクレール」

 「モンクレール(MONCLER)」は、虎柄の靴紐などを取り入れたシューズやウエアで、新年のキャンペーンを撮り下ろした。


17 「スチュアート ワイツマン」

 「スチュアート ワイツマン(STUART WEITZMAN)」は、45足限定の寅モチーフのスニーカーを発売した。シューズの内側には、ブランドの頭文字から“SW”を、外側に虎デザインを施した。


18 「リモワ」

 ドイツのラゲージブランド「リモワ(RIMOWA)」は、鮮やかな赤とブルーで旧正月を迎えるコレクションを発表した。


19 「マルニ」

 「マルニ(MARNI)」は、旧正月を祝う虎モチーフを使った限定コレクションを発表した。
 中国の旧正月によせて、ベネズエラにルーツを持つアーティストのマグダレーナ・スアレス・フリムケス(Magdalena Suarez Frimkess)とのコラボを実現した。


20 「トッズ」

 「トッズ(TODS)」は、虎の縞模様と旧正月におけるラッキーカラーのレッドとゴールドを使った限定カプセルコレクションを発売した。


21 「マルベリー」

 「マルベリー(MULBERRY)」も寅年を祝うキャンペーンを発表。淡いブルーを基調とした、虎柄をあしらったハンドバッグを披露した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら