ビューティ

アンバサダーは内田聡一郎「レコ」代表 タカラベルモントが音楽でヘア業界を盛り上げるプロジェクト始動 

 タカラベルモントは、理・美容業界を盛り上げるプロジェクト「ザ ヘア ムーブメント フォー チャレンジ(THE HAIR MOVEMENT FOR CHALLENGE)」を1月14日から開始し、ティザームービーを100周年特別サイト「YOUR BOX」で公開した。

 「ザ ヘア ムーブメント フォー チャレンジ」はタカラベルモントが創業100周年を記念して、理容師や美容師、未来の業界を担う理美容学生とともに、未来の美容に向けて一緒に挑戦していこうという思いから立ち上げた。DJとしても活躍する内田聡一郎「レコ(LECO)」代表をアンバサダーに迎え、ミュージックビデオを通じてメッセージを発信する。

 ミュージックビデオのテーマは「理美容師の仕事とは」。「理美容師を目指した理由」や「理美容師をしていてよかったこと・つらかったこと」などのメッセージやエピソードを募集し、それらをモチーフにZ世代を中心に世界から注目されているアーティストが楽曲とミュージックビデオを制作する。コラボアーティストは近日中に発表される予定だ。

 内田代表はティザームービー内で「今回のプロジェクトにはいちスタッフとして、企画の段階から参加させていただいている。コラボするアーティストは僕自身も好きな人で、自分もワクワクしている。絶対に面白くなる予感がしている。クールなものができるだろう」とコメントしている。

 タカラベルモントは、「美しい人生を、かなえよう。」をパーパスに理容室・美容室、エステ・ネイルサロンおよび歯科・医療クリニックの業務用設備機器や化粧品・空間デザインなどを手掛けるメーカー。2021年に創業100周年を迎えた。特別サイト「YOUR BOX」では理美容業界の未来を垣間見ることのできるコンテンツをはじめ、同社が提案する「製品」「空間」「テクノロジー」の紹介や、時代の変遷とともにヘアスタイルを振り返るコンテンツなどを公開している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら