ビューティ

資生堂が創業150周年イベント「ア ビューティフル ジャーニー」開催 銀座本店4フロアで過去、現在、未来の美を巡る旅

 資生堂は1月3日から、資生堂銀座本店「シセイドウ ザ ストア(SHISEIDO THE STORE)」で創業150周年を記念したイベント「ア ビューティフル ジャーニー(A BEAUTIFUL JOURNEY)」を開催している。同イベントは1年を通じて開催され、期間ごとに異なるテーマを設定。過去、未来、現在の美を探究するさまざまなコンテンツを用意し、3月15日までは「本物を日常へ-東京・銀座 資生堂のアール・ド・ヴィーブル」をテーマにした展示を行う。

 期間中は店内1階で当時のライフスタイルシーンやアーカイブ、銀座の風景、150周年限定品の展示などを行う“ヘリテージゾーン”を展開。1872年の創業当初から同ブランドが商品やプロモーションツール、広告に込めてきた本物を日常に取り入れる生活美学「アール・ド・ヴィーブル」を巡る空間を創出した。

 また、2階はビューティーイノベーションを体験できるフロアとして、エイジングケアブランド「エフェクティム(EFFECTIM)」や「ザ・ギンザ(THE GINZA)」、「セルジュ・ルタンス(SERGE LUTENS)」のフラッグシップサロンなどを展開。3階は、エステティックサロン「エスパス クレ・ド・ポー ボーテ」やプロのヘアメイクアップアーティストとフォトグラファーによるスタジオサロン「ビューティーブーストバー」を設置し、4階ではビューティーカウンセラーによる美容レッスンやパーソナルビューティーセッションをはじめ、特別カフェメニュー、創刊85周年を迎えた資生堂の企業文化誌「花椿」のアーカイブ展示やトークイベントなどが楽しめる、食とカルチャー体験も提供する。

 会場内では、スマートフォンを利用した「ビューティーパスポート」で参加できるデジタルスタンプラリーも開催。コンテンツに隠されたアイテムを見つけ出すとギフトを贈る。

 さらに1月21日には、それぞれのライフスタイルに合わせ、顔、体、髪に好きなタイミングで使用できる新発想の150周年記念商品のオイル状美容液「万物資生 ライフデュー(LIFE DEW)」(税込4950円)を数量限定発売する。

 全てのコンテンツを利用できるパッケージ料金は15万円。そのほかの各種パッケージも数量・期間限定で用意する。

イベントの紹介動画

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら