ビューティ

「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」 フェムテック部門1位は「アルジタル」や「サマーズイブ」

 「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」を発表!「WWDJAPAN」は、 百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストア・ECで2021年下半期(5~10月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 百貨店・セミセルフショップ「フェムテック」部門の総合1位は、「アルジタル(ARGITAL)」の“デリケート ハイジーン ソープ”と「アンティームオーガニック(INTIME ORGANIQUE)」の“アンティーム フェミニン ウォッシュ”。3位にも「アンティームオーガニック(INTIME ORGANIQUE)」が入り、“アンティーム ホワイトクリーム”だった。バイヤーは、「これまでデリケートゾーンの悩みを相談できず不安を抱えていたが、雑誌やSNSで取り上げられるようになり需要が顕在化した」との見解を示す。新製品の首位は「アイムラフロリア(I’M LA FLORIA)」“デリケートブライトニングセラム”だった。

 バラエティー・ドラッグストア・EC「フェムテック」部門の総合1位は、「サマーズイブ(SUMMER’S EVE)」の“フェミニンウォッシュ センシティブ”。2位は百貨店・セミセルフショップの総合でも1位をマークした「アンティームオーガニック(INTIME ORGANIQUE)」の“アンティーム フェミニンウォッシュ”、「ヴィーナスラボ(VENUS LAB)」の“フェミナチュール ジャムウクリアナノソープ”、「マプティ(MAPUTI)」の“オーガニックフレグランスホワイトクリーム”が同率だった。「アンティームオーガニック」についてバイヤーは「SNSや雑誌等など露出も広がり、デリケートゾーンケア製品が好調」という。新製品は「イロハ インティメート ケア(IROHA INTIMATE CARE)」が独占。1位の“インティメートウォッシュ フォームタイプ スウィートシトラスの香り”は、「ボディーソープではなく専用ソープを使う人が年々増加。自分と見つめあう時間ができたことで、変化が大きく出たカテゴリー」とコメント。(価格は全て税込)

1位
“デリケートブライトニングセラム”
「アイムラフロリア」

今年9月、これまでのコンセプト“Step to be lovinʼ(自分を愛するための一歩)”に「よりやさしいブランド」を加えて刷新。界面活性剤やシリコンなどの7つのフリーを実現した。グリチルリチン酸ジカリウムやプラセンタエキスのブライトニング成分が明るさを与えるほか、ツボクサエキスなどの処方がデリケートに傾いた肌にみずみずしさをプラスする。【医薬部外品】(30mL、7480円)

TEXT:AKIRA WATANABE

最新号紹介