ファッション

「ポール・スミス」が12月24日、銀座にメンズ旗艦店をオープン

 「ポール・スミス(PAUL SMITH)」は12月24日、東京・銀座にメンズ単体で初となる旗艦店をオープンする。晴海通りと並木通りの交差点角地で、3月末まで「テイジンメンズショップ」銀座本店があった場所だ。地下1階から地上2階までの3フロア構成で、店舗面積は約306平方メール。

 1階にはファーストラインの「ポール・スミス」をはじめ、シーズンごとのフォーカスアイテムを並べ、鮮やかな赤の階段をのぼった2階にはディフュージョンラインの「PS ポール・スミス」のメンズウエアやアクセサリーをラインアップする。地下1階にはスーツのオーダーサービス“メイド トゥ メジャー”を常設する。

 世界中の「ポール・スミス」ショップ同様、銀座店にも至るところにアート作品を置き、ポール・スミス(Paul Smith)本人の眼鏡にかなった什器や、ポールがデザインしたファブリックを使ったスツールが店内を彩る。

 エクスクルーシブアイテムも用意し、「ポール・スミス」のアイコンである“アーティストストライプ”の色使いからインスピレーションを受けたアートワークをあしらったブルゾンやシャツ、パーカ、ディアスキンを用いたバッグなどを販売する。

■「ポール・スミス」銀座店
オープン日:12月24日
時間:11:00~20:00
定休日:不定休
住所:東京都中央区銀座4-3-10 銀座中央ビル 地下1階~地上2階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら