ファッション

「エルメス」や「ルイ・ヴィトン」など6着購入! 若手富裕層の心をつかむモノやサービスは?【今月の平山美春さんvol.1】

有料会員限定記事

 コロナ禍で海外旅行などのレジャー、自由なショッピングが制限されるようになり1年半が経過した。そんな状況下だからこそ、国内のラグジュアリー市場はバブルといえるほど活況だ。海外消費が楽しめない富裕層はコロナ禍、国内のどこで、何を消費しているのか?また、百貨店やブランドにはどのようなサービスを期待しているのか?を新連載で毎月紹介する。小売業が今一番「お近づきになりたい」と切望する30代富裕層の平山美春さんに、毎月のショッピングやイベント、感動のサービスついて話を聞く。初回のハイライトは、春に「フレッド」のポップアップで購入したハイジュエリー“プリティウーマン”ネックレスの納入イベント。その模様を交えながら、リポートする。(取材協力:モルテーニ・ダーダ東京)

WWD:最近イベントで購入したものはありますか?

平山美春さん(以下、平山):「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)」のアルタモーダ(オーダーメード)のイベントがイタリア・ベネチアで開催されました。銀座店でベネチアとZoomでつないだ受注会が開催されたので、ドレス3着のほか、ベネチアグラスをヒールに使ったブーツやヘッドピースなどをオーダーしました。

WWD:Zoomではどのようなプレゼンテーションが行われるのでしょうか?

平山:気になる商品をモデルに着用してもらいます。全て1点モノなので、すぐに売れてしまうものもあるのですが……。11月初旬には三重県・伊勢志摩のホテル「アマネム(AMANEM)」で毎年恒例、日本の地方で開催する「ドルチェ&ガッバーナ」のイベントがあるので、実物を見られるのが楽しみです。展示会やパーティーなど4日間ほどのイベントには、夫とカメラマンの姉と行く予定です。

この続きを読むには…
残り1842⽂字, 画像10枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら