ファッション

ユニクロ、スウェーデンのスキーモーグル選手団に競技ウエアや練習着を提供

 ユニクロはスウェーデンスキー連盟と契約し、モーグル競技のスウェーデン代表選手団や関係者に、オフィシャルサプライヤーとして競技用ウエアや練習着、移動着を提供する。これにより、12月にフィンランドで開催されるフリースタイルスキーワールドカップを皮切りに、2022年2月に開幕する北京冬季五輪でも、スウェーデン選手団は「ユニクロ(UNIQLO)」のウエアを着用する。

 ユニクロは19年にスウェーデンオリンピック委員会とパートナーシップ契約を締結。今年開催された東京五輪では、スウェーデン代表選手団に大会公式ウエアを提供すると共に、スウェーデンのアスリートらの声を反映した商品なども企画・販売していた。当初、同契約は北京冬季五輪までだったが、東京五輪終了後に24年のパリ五輪までの延長が発表された。

 スウェーデンスキー連盟との契約に際し、ユニクロの親会社であるファーストリテイリングの柳井康治グループ上席執行役員は、「ユニクロは引き続き、世界を舞台に挑戦し続けるスウェーデンのアスリートと共に、服を通して、人々の日常をより快適に、ポジティブに変えていく“ LifeWear”を発展させていく」と発表。スウェーデンスキー連盟の担当者は、「ユニクロの“LifeWear”は、選手の最高のパフォーマンスを引き出し、期待以上の成果を上げてくれると信じている」とコメントしている。

 モーグルは、コブ斜面を滑るスピードや技術と、途中のジャンプ台でのエア演技の完成度で競うフリースタイルスキーの競技。モーグルのワールドカップは北京冬季五輪閉幕後の2月26、27日には、秋田の田沢湖スキー場でも開催予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら