ファッション

ジンズの眼鏡型デバイス「ジンズ ミーム」 10⽉14⽇に1万9800円で発売へ

 ジンズは、2015年に発売した眼鏡型デバイス「ジンズ ミーム(JINS MEME)」の次世代機を発表した。10⽉6⽇から予約を受け付け、14⽇にジンズの⼀部店舗および公式EC、アマゾン(AMAZON)で発売する。価格は税込1万9800円。

 旧作は、ノーズパッド周りとテンプルエンドに2つのセンサーとバッテリーを搭載していたが、新作ではこれらを⼩型化してノーズパッド部分の“ジンズ ミーム コア”に集約した。⽥中仁ジンズ社長は、「軽量化できて掛け⼼地も向上。一般的な眼鏡と比べて遜色のないデザイン性も実現した」と自信を見せる。

 “ジンズ ミーム コア”には、独⾃開発した3点式眼電位センサー(特許取得済)と6軸モーションセンサーが搭載されており、3点式眼電位センサーは瞬きの回数や眼球の動きから脳の状態を分析し、6軸モーションセンサーは体の軸の変化を捕捉・測定する。集積されたデータはブルートゥース経由でスマホの専用アプリに送られ、姿勢の良し悪しを4段階で評価したり、心身を整えるストレッチやヨガ、瞑想などのオリジナルコンテンツ(動画)の視聴を提案したりする。「コンテンツは所要時間が20秒から3分なので、仕事の合間や朝の限られた時間にも取り組める」という。

 また「多くの人にトライしてほしい」との思いから、4万2120円だったものを1万9800円とした。眼鏡タイプは、度付きレンズ代を含む価格だ(サングラスは別)。専用アプリの利用料は初年度が無料。2年⽬以降はジンズ初のサブスクリプションサービスにより、年額5000円か月額500円を支払う。

 ⽥中社長は、「コロナ禍に伴うニューノーマルの中で、オンとオフの境界はいっそうあいまいになっている。つまりセルフケアが重要で、『ジンズ ミーム』がそれをアシストする」と話す。

 今後の展開については、ヴイチューナー(VTUNER)とジンズ ミーム コントローラーを挙げる。ヴイチューナーはカメラによるモーションキャプチャーを使⽤せず、「ジンズ ミーム」着⽤者の動きを反映してアバターを簡単に作れるサービスで、11⽉下旬にローンチ予定(特許出願中)。ジンズ ミーム コントローラーは、目や頭の動きでPCやスマホを操作するもので研究開発中だ。「実装できれば、障がい者の社会進出のハードルも下げられるはず」と意気込む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら