ファッション

「カンサイ ヤマモト」が富士山でランウエイ 「ファッションで人々を元気に」に共鳴するアーティスト・学生も参加

 世界各国で国際交流イベントを手掛けてきた「カンサイ ヤマモト(KANSAI YAMAMOTO)」が、ファッションを軸に元気を届けることを目指した“日本元気プロジェクト2021 世界遺産ランウェイin富士山”のムービーを公開した。富士山の麓にある山梨・富士吉田を舞台に、“世界中の人々が夢に挑戦する姿”をテーマに制作した。(記事最後で動画を視聴可能)

 イベントには、故・山本寛斎の「ファッションは人々を元気にするものである」という思いに共鳴したファッションデザイナーやアーティスト、国内外から選出した服飾学生が参加した。「カンサイ ヤマモト」は、富士吉田の特産品である“先染め織物”を複数組み合わせ、ライムカラーのドローコードをアクセントにしたコートスタイルと、1000ピース以上の古着物をパッチワークして“連帯”を表現したドレスなどを披露。背には富士山のモチーフや羽子板を使ったディテールを載せ、「不二(二つとない)なファッション」(高谷健太クリエイティブディレクター)が人に与えるエネルギーを込めた。全て手縫いのクリエイションが持ち味の「アンチ(ANTI)」は、「あらゆる体制に向かう戦闘服」(山崎良太デザイナー)のようなウエアを用意した。一辺5センチ程度のチェックの生地を縫い付け、その上にカラフルなフリンジやワッペン、ボタン、銃弾のようなコルクのディテールなどを無数にあしらった。デザイナーの小口大輔と瀬戸川裕太をはじめとしたデザインチーム「ヘム(HEMU)」は、工場で使われなくなった生地を集め、身頃を複数重ねたスカートやセットアップに仕立てた。本来は裏地として用いる生地を表地として採用し、「富士吉田の職人が“見えないところにかける思い”を伝えた」。

 そのほか、クリエイティブディレクターの山口壮大が率いる「こりしょう(KORI-SHOW)プロジェクト」や、アーティスト兼デザイナーの串野真也らが参加。学生は、文化服装学院や名古屋ファッション専門学校、エスモード ジャポン、大阪文化服装学院のほか、海外からロンドン・カレッジ・オブ・ファッション(London College of Fashion)と中華女子学院芸術学院卒業生が作品を披露した。

 “日本元気プロジェクト”は、ファッションを軸としたパフォーマンスショーで日本を元気付けるために故・山本が2015年に始動した。毎年開催しており、昨年は“どんな未来も着こなしてやる‼︎”をテーマに、女優の夏木マリや歌舞伎役者の市川右團次らがアーカイブを着こなす映像をオンラインで配信した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら