ビューティ

女性支援活動の背景にあるESG投資のムーブメント【今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ファッションとビューティ、オフラインとオンラインを結びつける「WWDジャパン」がスタートした「ビューティ・インサイト」は、「WWD JAPAN.com」のビューティニュースを起点に識者が業界の展望を語る。識者は、美容媒体の編集長やコンサルタント、エコノミスト、そしてサロンスタイリスト。ビューティ業界の半歩先は、ファッション業界の“道しるべ”にもなるだろう。今週はエコノミストによる「女性支援とEGS投資」と「オピニオンリーダー」の話。(この記事はWWDジャパン2021年3月15日号からの抜粋です)

今週の識者
崔真淑/エコノミスト

 ポーラがシワ改善ブランド「リンクルショット」の3月の売り上げの一部を女性支援団体に寄付するという。国際女性デーに合わせた施策なのはもちろん、現在株式市場で浸透しているESG(Environment=環境問題、Social=社会問題、Governance=企業統治)も大きく影響している。

 国際連合が2006年に作成した責任投資原則(Principles for Responsible Investment、以下PRI)は、投資を通じてESGを考慮するための必要な6つの原則を明示しているが、このPRIに賛同し署名した投資家は投資行動にESGの課題を取り込まなければいけない。20年度はPRIに署名した投資家の運用金額が1京円を超えているほど、ESGが企業価値において存在感を増している。そして、世の中には日経平均株価に連動するファンド(インデックスファンド)があるように、ESGスコアの高い企業にのみ投資するファンドも存在する。投資家に対し、それらの金融商品に投資を促すのが今の流れとなっている。

この続きを読むには…
残り1779⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら