ファッション

D2Cブランドを集めた“新時代のデパート” NYのショーフィールズが21年内に日本進出へ

 “世界一面白い店”“新時代のデパート”として注目を集める米ニューヨークのショーフィールズ(SHOWFIELDS)が、2021年内に日本に進出する考えだと明かした。ルミネが米「WWD」と組んで2月24日に行ったオンラインセミナー内で、ショーフィールズのタル・ズヴィ・ナサネル(Tal Zvi Nathanel)CEO兼共同創業者が公表した。

 日本の店舗が常設となるのかポップアップなのか、出店先の立地はどこかといったことは全て未公表。同セミナーの中でナサネルCEOは、ニューヨークに続いて20年に米マイアミに出店したことや、今後は商業施設やホテルなどと組み、その一角でショーフィールズのコーナーを展開していく計画があることも話した。

 ショーフィールズはニューヨーク・ノーホー地区に18年末にオープン。実店舗を持たないD2Cブランドやアート作品などを集め、それぞれの世界観が体験できるとともに、置いてある商品はECで購入できる体験型ショールーミングストア(RaaS=Retail as a Servise=サービスとしての小売り)の先駆け的存在の一つとして注目を集めている。同様にRaaSとして注目されている米シリコンバレー発のベータ(B8TA)は、丸井グループや三菱地所などの出資も受けて20年8月に新宿マルイ本館と有楽町に出店。同じくRaaSである米発のネイバーフッドグッズ(NEIGHBORHOOD GOODS)に出資するシンガポール拠点のファンドには、TSIホールディングスが20年2月に出資するなどしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら