ビューティ

「えんとつ町のプペル」コラボデザインのオーガニックハンドケアミストが登場

 エシカルな化粧品を開発・販売するエイチラボは、手指を清潔に保ちながらケアするオーガニック100%ハンドケアミスト“クリーン&リフレッシュ ハンドケアミスト”(50mL、1800円)の“えんとつ町のプペル”コラボデザインを2月1日に発売する。

 同製品は、一日に何度も消毒することで生じる手荒れや、苦手なアルコール臭によるストレス、刺激の強い商品への不安感などから継続使用ができない人や子どものため、独自処方によりアルコールの刺激や臭いの低減を実現したもの。

 主原料であるオーガニックアルコール(エタノール)は、フェアトレードで調達したものを使用し、その他の成分も全てオーガニック認証を受けたサステナブルな原料のみ(水を除く)を使用。

 潤いを与えて保護する保湿成分グリセリン、アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)で乾燥から肌を守って手荒れを防止。フランス産ラベンダー油(ラバンデュラハイブリダ油)やティーツリー葉油などオーガニック精油のみをブレンドした、みずみずしく爽やかな香りでリフレッシュ&リラックス効果をもたらす。

 “えんとつ町のプペル”はお笑い芸人で絵本作家の西野亮廣氏が原作等を務めた話題の映画。コラボレートに至った経緯に関して、ブランド担当者は「“えんとつ町のプペル”の物語は、新型コロナウイルス発生によって引き起こされている現状と重なる部分があり、その中で前を向いて現状を打破するために行動を起こさなければいけないというメッセージが込められている。また、西野氏が行っている絵本を通じて世界の子どもたちに夢を届ける活動に強く共感したため、コラボを申し出て実現した」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら