ビューティ

ネイルブランド「エッシー」が全製品ビーガンに刷新 8フリーも宣言

 ロレアル(L'OREAL)傘下のネイルブランド「エッシー(ESSIE)」は、2020年末で全ての製品をビーガン処方に刷新したと発表した。加えて、ネイルポリッシュによく配合され、有害の可能性もあるとされるトルエン、フタル酸ジブチル、ホルムアルデヒド、フェノール樹脂、樟脳(カンフル)、エチルトシルアミド、キシレン、トリフェニル、リン酸塩の8つの成分も使用しないという。

 処方のリニューアルは18年に着手し、人気の“ジェルクチュール ネイルポリッシュ”シリーズと“カラー&ケア ネイルポリッシュ”ラインの刷新にフォーカスした。新作の“エクスプレッシー”ラインはデビューからビーガン・8フリー処方だという。キャロライン・ホルバ(Carolyn Holba)「エッシー」ジェネラルマネジャーは「お客さまの中には、既存カラーの色味を正確に把握しているファンもいるため、(同じ色を保ちながら)処方を完璧にするのに数年かかった」と振り返る。

 ビーガン・8フリー処方は、今後のプロモーションでも積極的に打ち出す。アラーナ・マクドナルド(Alanna McDonald)「エッシー」「メイベリン(MAYBELLINE)」「ガルニエ(GARNIER)」北米プレジデントは「透明性にコミットするために、配合しない成分を明確にコミュニケーションする。今はたくさんの情報が拡散される中で消費者も混乱している。なるべく成分リストをシンプルに、分かりやすくする狙いだ」と語る。北米においては、成分やクリーンな処方への関心が高い若年層をターゲットにしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら