ビューティ

10〜20代にちょうど良い新スタイリングブランド発売 開発には人気美容師の内田聡一郎「レコ」代表が参加

 ヘアケア製品メーカーのアリミノ(ARIMINO)は、新スタイリングブランド「ダンスデザインチューナー(DANCE DESIGN TUNER)」を1月7日に発売する。“ちょうど良さ”や“心地よさ”を大切にする10〜20代の男女をターゲットに、“ひとりひとりのリズムに合わせて”をコンセプトに掲げる。ワックスジェル“ブレイクキープ”やヘアミルク“バレエメロウ”、トリートメントオイルジェリー“モダンシマー”など全6製品をラインアップする。価格は1800〜2500円。

 アリミノ商品開発部の今野由香氏は、「アリミノは、2000年に『スパイス』を、2008年に『ピース』を発売し、スタイリング剤で業界シェアNo1として約10年ごとに大きなトレンドを作ってきた。2つの進化版として、10、20代をターゲットに新スタイリングブランドを打ち出す。個性を出すけれども出しすぎない。シンプルだけどシンプルすぎない。ちょうどいいバランスを狙った。ターゲットと同世代の若手社員の声を生かして開発を進めた」と話す。

 製品の開発には、アドバイザーとして人気美容師の内田聡一郎「レコ」代表が参加。スタイリスト目線でデザインやクオリティーを追求した。内田代表は、「今までありそうでなかった質感で、ジェルより固まらずにワックスよりもキープしてくれる“ブレイクキープ”と、
オイルとジェリーのいいとこ取りをして、伸びが良くセット力もある“モダンシマー”がお気に入り」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら