ファッション

キム・ジョーンズ手掛ける「フェンディ」のデビューは自身初のオートクチュール 21年1月にパリで発表

「フェンディ(FENDI)」は、2021年1月27日にパリでキム・ジョーンズ(Kim Jones)新ウィメンズ・アーティスティック・ディレクターによる初のコレクションとなる21年春夏オートクチュール・コレクションを披露する。9月の就任当初は21年2月にミラノ・ファッション・ウイークでのデビュー予定としていたが、前倒した。新型コロナウイルスのパンデミックによる先行き不透明な状況のため、観客を迎えてのショーになるかは現時点では未定だが、パリ旧証券取引所(Palais Brongniart)を会場に発表を行う。
 
 キムにとって初めてのクチュールとなる同コレクションの制作には、メンズウエアとアクセサリーのアーティスティック・ディレクターを務めるシルヴィア・フェンディ(Silvia Venturini Fendi)と、シルヴィアの娘でジュエリーを手掛けているデルフィナ・デレトレズ・フェンディ(Delfina Delettrez Fendi)も携わる。また、「フェンディ」は15年から“オートフリュール”と呼ぶファーを生かした秋冬のオートクチュールのみをパリやローマで発表しているが、春夏シーズンに向けて制作するのは今回が初めてとなる。

JUN YABUNO:1986年大阪生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDジャパン」の編集記者として、ヨーロッパのファッション・ウィークの取材をはじめ、デザイナーズブランドやバッグ、インポーター、新人発掘などの分野を担当。2017年9月ベルリンに拠点を移し、フリーランスでファッションとライフスタイル関連の記事執筆や翻訳を手掛ける。「Yahoo!ニュース 個人」のオーサーも務める。20年2月からWWDジャパン欧州通信員

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら