ビジネス

シングルモルトウイスキー「タリスカー」が新型コロナ禍の“家飲みを豊かにする” ギフトセット発売

 MHD モエ ヘネシー ディアジオ(MHD MOET HENNESSY DIAGEO)は、スコットランド・スカイ島発のシングルモルトウイスキー「タリスカー(TALISKER)」から数量限定のオリジナルアイテム付き「タリスカー10年 “家飲みを豊かにする” ギフトセット」を発売した。

 新型コロナウイルス禍でリモート飲み会が増える中、忘年会などの酒宴を家でも楽しめるギフトとして需要を見込んでいる。

 同商品に付属するオリジナルの限定アイテムは、ナッツトレー、ステンレストレー、PU(ポリウレタン)レザーコースター、おつまみココット、マドラーの5種類で、このセットでしか入手できない。アイテムごとに取扱店が異なり、ナッツトレーは成城石井限定、PUレザーコースターはビック酒販限定などとなっている。

 輝くようなゴールド色の“タリスカー10年“は、力強いスモーキーさとモルトの香味を伴う深い味わいが特徴で、価格は5050円。

 「タリスカー」の蒸留所は、“ミストアイランド(霧の島)”と呼ばれるスカイ島で1830年に設立された。「タリスカー」のすべてのラベルに書かれている“MADE BY THE SEA”は、蒸留所の生産者たちのスカイ島の自然や海への深い感謝を体現したシングルモルトであることを示しているという。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら