ファッション

宝島社「スウィート」の渡辺佳代子編集長が退任 後任は編集部の鏡味氏

 宝島社の月刊誌「スウィート(sweet)」の編集長が交代する。9月12日発売の10月号を最後に渡辺佳代子氏は退任し、同誌編集部の鏡味由起子氏が後任となる。鏡味氏は、名古屋市生まれ。1999年に宝島社に入社し、「キューティ(CUTiE)」編集部を経て、2004年より「スウィート」編集部に配属。2020年9月編集長に就任した。

 渡辺氏は1999年から21年間編集長を務め、高い実売率を維持してきた。自身が立ち上げて編集長を兼任していた同じく宝島社の月刊誌「オトナミューズ(otona MUSE)」には引き続き編集長として携わる。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら