ファッション

アダストリアが25年までに使用する全コットンをサステナブル素材に切り替え

 「グローバルワーク(GLOBAL WORK)」「ニコアンド(NIKO AND…)」「ローリーズファーム(LOWRYS FARM)」などを運営するアダストリアは2025年までに、グループの商品に使う全てのコットンをサステナブルなコットンに切り替えると宣言した。同社は、世界のコットン産業の持続可能な産業への転換を支援するグローバルイニシアチブである「コットン2040」に参画している。

 今後は(1)栽培過程における水、農薬、化学肥料使用の削減(2)土壌保全および生態系への配慮(3)生産者の労働環境の整備(4)1~3の項目についての認証機関からの証明、という4基準を満たすコットンをサステナブルな素材として使用していく。あわせて、ポリエステル、レーヨンなどコットン以外の素材もよりサステナブルな原料への切り替えを進める。基準を満たす素材を使用した商品には、独自の下げ札を付けて消費者に“見える化”する。

 同社が参画した「コットン2040」は、日本国内ではNGOのザ・グローバル・アライアンス・フォー・サステイナブル・サプライチェーン(以下、ASSC)が推進している。アダストリアは9月中旬に、毎年社内で行っている持続可能なモノ作りに関する勉強会の20年版として、ASSCの下田屋毅代表理事によるオンラインセミナーも実施する。アダストリアの自社ECサイト「ドットエスティ(.ST)」も9月中旬をめどに、サステナブル素材を使ったアイテムや使い捨てを抑制するアイテムをそろえた特集ページをオープンする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら