ファッション

「ジーユー」が消費者の要望や不満を生かしてバッグを開発

 「ジーユー(GU)」は、消費者の声からバッグの商品開発を行うプロジェクト“ジーユー・バッグ・ラボ(GU BAG LAB)”の第1弾を8月11日に発売した。トートバッグ(3色、2490円)とショルダーバッグ(5色、1990円)を全国の「ジーユー」の店舗と公式ECサイトで取り扱っている。

 トートバッグは「パソコンを入れるバッグとの2個持ちはしたくない」などの要望や「置いたときにくたっとしてしまう」「肩にストラップが食い込む」などの悩みをもとに開発したという。パソコンが入る大きさながら約450gと軽量で、ストラップも食い込みにくい2つ折りにし、倒れにくい縫製と素材を採用した。

 ショルダーバッグは小さめだが「最低限の荷物が入る容量がほしい」という声をもとに開発。500mLのペットボトルや長財布も収納可能で、軽い上着も丸めて入れられるよう内側に仕切りのないデザインにした。

 “ジーユー・バッグ・ラボ”は“ジーユー・シューズ・ラボ(GU SHOES LAB)”に続く、消費者の声から商品開発を行うプロジェクトである。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら