ビジネス

米百貨店ロード&テイラーが経営破綻 親会社のサブスク企業も同時に

 米老舗百貨店チェーンのロード&テイラー(LORD & TAYLOR)と、その親会社である新興ファッションテック企業ル・トート(LE TOTE)は8月2日、日本の民事再生法に当たる米連邦破産法第11条の適用をバージニア州の破産裁判所に申請した。

 ロード&テイラーは1826年にニューヨークで創業し、米国で最も古い百貨店だとされている。しかし近年は業績不振が続いており、2019年8月には前の親会社だったハドソンズ・ベイ・カンパニー(HUDSON'S BAY COMPANY)からル・トートに7500万ドル(約79億円)で売却された。ル・トートは、12年にサンフランシスコで創業した衣料のサブスクリプション・サービス企業だ。同社はロード&テイラーの知的財産権やECサイト、在庫などを含めて獲得し、38店舗の運営も引き継いだが、新型コロナウイルスの影響によって3月半ばからはその全店を休業せざるを得なくなった。ECサイトの営業は継続していたものの、店舗の売り上げ減を補うほどではなく、4月にはロード&テイラーが清算するのではないかとの憶測が広まっていた。

 破産裁判所に提出された資料によれば、ル・トートとロード&テイラーは1億3790万ドル(約146億円)の長期負債を抱えている。最大の債権者は850万ドル(約9億円)の資金が回収できなくなるイスラエルの投資会社リクイディティー・キャピタルII(LIQUIDITY CAPITAL II)だが、売掛金が未回収のアパレル企業も多い。主なところではG-IIIレザーファッションズ(G-III LEATHER FASHIONS)が470万ドル(約4億9820万円)、ポロ ラルフ ローレン クロージング(POLO RALPH LAUREN CLOTHING)が350万ドル(約3億7100万円)、マイケル・コース(MICHAEL KORS)が210万ドル(約2億2260万円)の債権者となっている。

 20年5月には米百貨店ニーマン・マーカス(NEIMAN MARCUS)やバーグドルフ・グッドマン(BERGDORF GOODMAN)を運営するニーマン・マーカス グループ(NEIMAN MARCUS GROUP)、米百貨店のJ.C.ペニー(J.C.PENNY)、そしてJ.クルー グループ(J.CREW GROUP)が経営破綻した。7月には、米ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)がやはり経営破綻している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら