ニュース

安達祐実が“大人カラコン”のイメージモデルに就任 “奇跡の38歳”いわく「自分を表現するものの1つ」

 プリントシール機やカラーコンタクト通販などを手掛けるフリューは、自社オリジナルカラーコンタクトの新ブランド「ベルシーク(BELLSiQUE)」を発売した。ブランドの世界観を表現するイメージモデルに、エイジレスな美しさが“奇跡の38歳”と女性から絶大な支持を集める俳優、安達祐実を起用した。

 「ベルシーク」は“わたしを魅せる、わたしを楽しむ”がコンセプトの、大人のためのカラコンブランドで、同社運営のカラコンECサイト「ミューコンタクト」などで展開する。“そろそろカラコンを卒業した方がいいのかも”“何歳までカラコンをつけていいのか分からない”と悩む大人の女性に寄り添った商品作りで、自分らしくカラコンを使いこなす楽しさを提案する。

 瞳になじむ自然なデザインと、シーンに合わせて選べるレンズラインアップが特徴。繊細なぼかしドットと透き通るような色味で作る水彩画のようなデザインが瞳に溶け込み、美しさを引き立たせる。レンズカラーは、透明感を引き出しより魅力的に“魅せる”3色と、ナチュラルなアクセントカラーで印象の変化を“楽しむ”3色の計6色。その人自身の魅力を自然に際立たせるため、年齢を問わず瞳のおしゃれを楽しめるように設計している。

 安達祐実を起用した理由は、「美しさとかわいらしさを併せ持つ安達さんが、“魅せる・楽しむ”の2つの魅力を持つ『ベルシーク』の世界観を表するのにぴったりだったから」と同社広報。

 起用に際して、安達祐実は「カラコンは若い人が使う物というイメージもあるかもしれないけど、私は“自分を表現するもののひとつ”だと思う。なので、ファッションやメイクと同じように、自分の魅力を引き立ててくれるもののひとつとして皆さんにも楽しんでほしい。『ベルシーク』はすごくナチュラルなデザインなので、年齢問わず自由に楽しんでもらえたらなと思う」とコメントしている。

 安達祐実は1981年9月14日生まれ。2歳から芸能活動をはじめ、12歳のときに主演したドラマ「家なき子」(日本テレビ系)での高い演技力が評価され、一躍国民的子役俳優に。以降、俳優として数多くのドラマや映画に出演している。