ファッション

スワロフスキーの新クリエイティブ・ディレクターにスナップの常連、ジョバンナ・バッタリア・エンゲルバート氏が就任

 スワロフスキー(SWAROVSKI)は5月19日、ファッションエディターなどで活動するジョバンナ・バッタリア・エンゲルバート(Giovanna Battaglia Engelbert)氏を新クリエイティブ・ディレクターに任命した。

 同社は今回初めて全社的なクリエイティブ・ディレクターを設け、部署の垣根を超えた事業再編に取り組む。エンゲルバート氏は今後、会社全体のクリエイティブな方向性を監督し、全部門の製品構成を再考していく。同氏による初のコレクションは2021年春夏を予定している。

 エンゲルバート氏は1979年イタリア・ミラノ生まれ。ファッションエディターやコンサルタント、ラグジュアリーブランドのクリエイティブ・ディレクターとして活躍。16年からは「スワロフスキー」のBtoB部門においてブランディングやデザイン、コンテンツのキュレーションを担当してきた。同氏はおしゃれエディターとしてたびたびスナップに登場する人物だ。

 同氏は「スワロフスキーは何十年もの間、ファッション、デザイン、エンターテインメントの世界、そしてクリエイティブ業界全体に光を当ててきた。私は、スワロフスキーのような文化的背景を持つブランドのクリエイティブ面をリードしていけることにわくわくしている」とコメントした。

 さらにロバート・ブッフバウアー(Robert Buchbauer)=スワロフスキー社最高経営責任者は「スワロフスキーは現在、新しいビジョンと成長戦略に沿って事業を再編成している。私たちの125年の歴史は、自らを変革して新たにする力があることの証しだ。ジョバンナのような素晴らしくクリエイティブな精神を持つ、強い女性のリーダーを迎えることができてうれしい。新たな成功を成し遂げる重要な鍵となるだろう」と語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら