ニュース

ロレアルがビデオ会議に使えるフィルターを開発 「メイベリン」や「ロレアル パリ」のフィルターが登場

 ロレアル(L'OREAL)はスナップチャット(SNAPCHAT)のフィルターをビデオ会議や動画プラットフォームに使えるスナップ カメラ(SNAP CAMERA)と協業し、レンズ(フィルター)を開発した。Zoomやスカイプなどのビデオ通話、ライブ配信サービスのツイッチ(TWITCH)、動画プラットフォームのユーチューブ(YOUTUBE)などで使える。ロレアル傘下のブランド「ガルニエ(GARNIER)」「ランコム(LANCOME)」「ロレアル パリ(L’OREAL PARIS)」「メイベリン(MAYBELLINE)」のフィルターを製作し、ブランドが展開する製品によって背景やメイク、ヘアカラーが加工される。フィルターはそれぞれスナップ カメラの“ビューティ”カテゴリーに格納される。なお、スナップ カメラが化粧品企業と協業するのは今回で初めて。

 ロレアルUSAのグレチェン・セイ・フレミング(Gretchen Saegh-Fleming)=チーフ・マーケティング・オフィサーは「スナップチャットやスナップ カメラユーザーはテクノロジーを駆使して自己表現をしており、ロレアルでは自己表現こそがビューティの真意だと捉えている。自宅にいる時間が増えている今、ARは製品を試したり、ブランドの世界観を体験したりできる新たなツールだ」と話す。

 新型コロナウイルスの感染拡大で自宅で過ごす人が増えた結果、スナップ カメラのダウンロード数は30倍以上伸び、20年1〜3月におけるスナップチャットのデイリーアクティブユーザーも前年比20%増だったという。また、スナップ カメラと協業して作られたブランドのフィルターも新型コロナウイルスの影響が出始めた頃に比べて18%多く使用されている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら