ファッション

伝統の製法で造られたスコッチウイスキー「タリスカー41年」が世界で2000本を限定販売

 MHD モエ ヘネシー ディアジオ(MHD MOET HENNESSY DIAGEO)は、スコットランド・スカイ島で1830年に創業したシングルモルトウイスキー「タリスカー(TALISKER)」から、これまで醸造されたオフィシャルボトルの中で最も熟成期間が長い「タリスカー41年」を世界2000本限定で販売し、日本は4月28日に発売した。

 20世紀に入るまでほぼ全ての原酒をシェリー樽で熟成させていた「タリスカー」が、その歴史にオマージュを表した商品。“ボデガ”と呼ばれるシェリーを造るワイナリーで41年間使用した特別な樽を使用し、41年前のビンテージの「タリスカー」にカスクフィニッシュ製法(通常の樽の熟成後に別の樽に移し替えて短期間で熟成する方法)を用いて造り上げたもので、昨年発売した第1弾「タリスカー40年」に続くシリーズだ。「タリスカー41年」を収めるギフトボックスには、再利用したシェリー樽を使用した。容量は700mLで、価格は36万円。日本での販売本数は非公表。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら