ファッション

「ヴァレンティノ」がインスタライブ連載スタート 初回はアリシア・キーズ

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」は、公式インスタグラムアカウント(@maisonvalentino)でライブパフォーマンスの定期配信をスタートした。

 ストーリーズ機能を活用し、新型コロナによって制限された生活を送るブランドのファンを楽しませ、つなげることを狙う。「コミュニティー内でのつながりを通じて、私たちがブランドとしてどれほど強くなったかを感じた。登場人物のユニークなパフォーマンスを通じて、人と思いでつながることの素晴らしさを共有したい」とピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)=クリエイティブ・ディレクターは語る。

 初回は17日、第15回グラミー賞受賞者のアリシア・キーズ(Alicia Keys)が登場した。第2回はルピ・カウル(Rupi Kaur)による詩の朗読が行われる予定だ。この連載はハッシュタグ「#chezmaisonvalentino」でまとめられる。

 多くのブランドが新型コロナ感染拡大に伴いインスタグラムなどのフィードを見直し、人々のためにできることを考えている。ブランドはコミュニティー構築の中でつながりと情報を提供し、デザイナーたちは個人的なビデオ配信をしたり、ライブチャットを公開したりしている。

 例えば「シャネル」は3日、インスタグラムストーリーズでベルギーの歌手アンジェル(Angel)によるライブパフォーマンスを主催し、自宅にいながら楽しめるコンテンツを提供した。ハッシュタグ「#LiveWithChanel」で検索ができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら