ファッション

鎌倉シャツが“シャツ屋がつくるマスク”を発売 25万枚分のガーゼを手配

 メーカーズシャツ鎌倉は4月17日、シャツ生地を用いて製作した“シャツ屋がつくるマスク”の予約販売をオンラインサイトで開始した。シャツを製作している日本の工場が縫製したマスクで、繰り返し洗って使用できる。色柄は水色やボーダーなどを用意し、1柄3枚セットで2500円。商品は5月末以降の到着となる。グローバルオンラインサイトを通じて、84カ国でも展開する。

 表には綿100パーセントのシャツ生地を、内側には2重ガーゼを使用し、飛沫の飛散を防止する。表面にはプリーツを施し、ノーズワイヤーで隙間なく顔にフィットする仕様だ。また繰り返し洗うことでさらに柔らかくなじむ。プリーツはアイロンがけで復元され、滅菌効果も期待できる。今回25万枚分のガーゼ素材が手配できたことから大量生産が可能となった。

 そのほか手洗いの際に必要なハンカチを増産し、2枚600円で販売する。また1993年の創業時に残り生地で製作していたエプロンを復活させ、“シャツ屋がつくるエプロン”(2500円)として販売する。エプロンの予約受け付けは4月24日を予定している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら