ファッション

「ニューバランス」が米国工場でマスク製造 週10万ユニットを目指す

 ニューバランス・アスレチック・インコーポレイテッド(NEW BALANCE ATHLETICS, INC.)はアメリカ国内におけるマスク需要の急増を受けて、アメリカ国内にある5つの自社工場のうち2つの工場で医療用のフェイスマスクの開発および製造を開始した。

 地元の医療機関や研究開発機関と協議し、フェイスマスクのプロトタイプを1週間で製造。マサチューセッツ州ローレンス工場とメイン州ノーリッジウォッグ工場で4月中旬までに、週に合わせて最大10万ユニットの製造を目指す。なお、マスクの供給はアメリカ国内のみを予定している。 またマスクに加えて、ガウンやフットカバーなどの個人用保護具の製造も行う。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら