ファッション

「ジョニーウォーカー」の最高峰“ブルーラベル”の日本限定ボトル発売 奥田瑛二がデザイン監修

 MHD モエ ヘネシー ディアジオは、スコッチウイスキーのブランド「ジョニーウォーカー(JOHNNIE WALKER)」の最高峰“ブルーラベル”の日本限定のデザインボトル“ジョニーウォーカー ブルーラベル ジャパン リミテッド エディション 2020”を3月24日から数量限定で順次発売する。

 “ブルーラベル”は、一万樽の中に1樽しか存在しないといわれる熟成した原酒を示す。

 このボトルのデザインを監修したのは画家としても活動する俳優の奥田瑛二だ。

 「僕が若い頃から憧れていた『ジョニーウォーカー』、その最高峰である“ブルーラベル”のボトルデザインですから、テーマを聞いて、日本人として自分がやらねばならないと思いました。“ジャポネスク”をベースに、日本的表現において守るべきものは守りつつ、新たな息吹を与えるような気持ちで向き合いました」とコメントした。描いたデザインラフには、桜や龍、月などのモチーフを通して“たおやかに、しなやかに日本の不屈の精神”というテーマが表現されている。価格は2万2000円。

 「ジョニーウォーカー」は1820年にジョン・ウォーカー(John Walker)がスコットランドで創業。現在は6代目のマスターブレンダー、ジム・ビバレッジ(Jim Beveridge)がそのDNAを引き継いでいる。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら