ファッション

デンマーク発「ジョージ ジェンセン」が銀座に旗艦店をオープン

 デンマーク発「ジョージ ジェンセン(GEORG JENSEN)」は4月7日、東京・銀座6丁目に国内最大級の銀座本店を出店する。今まで銀座に店舗がなく、グローバルブランドとして銀座が本店にふさわしい場所というのが出店の理由だ。店舗の大きさは日本橋店に次いで2番目で地下1階、地上2階の約237平方メートル。地上1階はシルバーやゴールドジュエリー、2階はシルバー製品とVIPルーム、地下1階はホームデコレーションとブライダルジュエリーのコーナーで構成する。デンマーク本店のコンセプトを踏襲し、“ヒュッゲ”(デンマーク語で、心地よく温かな雰囲気の意味)が体感できる空間になっている。

 同店のオープンを記念し、発売20周年を迎える“フュージョン”のジュエリーを先行発売するほか、シルバーウエアなどの希少なスペシャルピースを展示販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら