ファッション

「ユニクロ」「ジーユー」が4月からショッピングバッグ有料化 商品パッケージも順次紙製に

 ファーストリテイリング傘下のユニクロ、ジーユーは4月1日から、国内全店舗でショッピングバッグを有料化し、1枚一律10円で販売する。同時に、商品パッケージについてもプラスチック製から代替パッケージへの切り替えを進めている。これらの動きに先駆けて同社は2019年9月から、プラスチック製ショッピングバッグを順次紙製に切り替えるとともに、「ユニクロ(UNIQLO)」「ジーユー(GU)」の全店舗でエコバッグを販売し、マイバッグとして持参することを推奨してきた。

 同社は19年7月に、「お客さまの手に渡る使い捨てプラスチックを、20年中にグループ全体で18年実績に対し85%(約8500トン)削減する」という目標を設定していた。今回の取り組みもその一環だ。既に導入している紙製ショッピングバッグには、FSC認証(森林認証)を受けた紙、または再生紙を使用している。代替パッケージにも同様の素材などを使用しており、既に19-20年秋冬物の「ユニクロ」のルームシューズや、20年春夏物の“エアリズム”一部商品に代替パッケージを導入。20-21年秋冬物の“ヒートテック”や、「ジーユー」の一部インナーも代替パッケージへの切り替えを進める。

 なお、「無印良品」を手掛ける良品計画も、20年3月以降順次プラスチック製ショッピングバッグの廃止を進め、6月末までに国内全店で紙製ショッピングバッグに切り替えると発表している。商品の陳列用パッケージも、19年春夏物から一部で再生紙を使用した紙製を導入、20年2月から、カフェ業態で提供するストローも現状の紙製から竹繊維を使用したものへと順次変更していく。

 プラスチック製のショッピングバッグから紙製バッグへ切り替え、有料化する動きは18年12月からH&Mジャパン(1枚20円で販売)、19年5月からストライプインターナショナル(1枚20円で販売)も進めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら