ビジネス

ペルミラが「ゴールデン グース」買収へ

 投資ファンド、ペルミラ(PERMIRA)がゴールデン グース(GOLDEN GOOSE)を買収する。数日以内に契約が決まる見込みで、ペルミラが12億8000万ユーロ(約1536億円)でカーライル・ヨーロッパ・バイアウト(CARLYLE EUROPE BUYOUT)から引き継ぐ。

 ゴールデン グースの2019年度決算はまだ発表されていないが、売上高3億ドル(約327億円)、EBITDA (利払い前・税引き前・減価償却前利益)9000万ドル(約98億円)を見込んでおり、ペルミラはEBITDAの14倍以上を支払うことになる。

 同社はスニーカーがビジネスの基幹で売上高の約8割を占めているが、アクセサリーやウエアにカテゴリーを広げているところだ。17年3月以降、50店をオープンし、昨年は全58店を運営、ほかに世界900件の卸先がある。売上高は17年にカーライルが買収した当時の倍になっているという。

 シルヴィオ・カンパラ(Silvio Campara)が最高経営責任者を、パトリツィオ・ディ・マルコ(Patrizio di Marco)が会長を務めている。デザインは社内のチームが行なっているが、元「グッチ」でディ・マルコのパートナーであるフリーダ・ジャンニーニ(Frida Giannini)がアクセサリーとウエアを他担当するといわれている。

 ペルミラは主にIT、消費財、金融、ヘルスケア関連企業に投資をしており、アパレル業界では「ドクターマーチン(DR.MARTENS)」などに投資している。また、「ジョンマスターオーガニック(JOHN MASTERS ORGANICS)」および同ブランドの日本・東アジアにおける総販売代理店であるスタイラ(STYLA)の過半数の株式を取得している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。