1. ポーラ・オルビスHD18年12月期は純利益69%減

ポーラ・オルビスHD18年12月期は純利益69%減

企業動向 決算

2019/2/13 (WED) 09:15

 ポーラ・オルビスホールディングス(HD)の2018年12月期連結決算は、売上高が前期比1.7%増の2486億円、営業利益が同1.6%増の394億円、経常利益が同0.8%減の389億円、純利益が同69.1%減の83億円だった。

 ビューティケア事業の売上高は同1.8%増の2312億円。ブランド別にみると、基幹ブランド「ポーラ(POLA)」は国内のみならず中国や香港、免税市場で伸長し、売上高は同4.3%増の1501億円、営業利益は同14.0%増の325億円だった。

 オーストラリア発のナチュラルスキンケアブランド「ジュリーク(JURLIQUE)」は売上高が同18.7%減の103億円。中国市場や豪州市場での売り上げが苦戦し、当初計画と大きな隔たりがあることから、減損損失約113億円を計上した。10月にリブランディングを行った「オルビス(ORBIS)」は、ブランディングの変化により顧客数が減少したことで売上高が同3.8%減の510億円となったが、費用効率が改善し営業利益は同2.9%増の93億円で着地した。

 育成ブランドの「THREE」はスキンケアに注力したことで国内外の人気が拡大し、売上高は同28.6%増の103億円、営業利益は同92.9%増の10億円で着地した。また、「THREE」を擁するグループ子会社のACROは、18年から高感度メイクアップブランドの「アンプリチュード(AMPLITUDE)」、プレミアムオーガニックスキンケア「イトリン(ITRIM)」、メイクアップメンズブランド「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM × THREE)」を新たに展開する。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
ブランド検索
シーズン検索
false false true true true false true true