1. 百貨店11月度は暖冬でコートが不振 ジャケット売れるもカバーできず

百貨店11月度は暖冬でコートが不振 ジャケット売れるもカバーできず

企業動向 商業施設 決算

2018/12/3 (MON) 10:30

 百貨店大手5社の11月度の売上高(既存店ベース)は、5社中3社が前年を上回った。ラグジュアリーブランドやインバウンド(訪日外国人客)消費が引き続き堅調という声が多いが、アパレルに限ると、軒並み苦戦している。気温が下がらなかったことで、コートを中心とした重衣料が不調だったことがその要因だ。「文化の日」が土曜日に重なったため、昨年に比べて休日が1日少なかったことも響いた。

 三越伊勢丹は前年同月並み。「婦人のコートを中心に、マフラーやストール、ブーツなどの冬物が厳しかった。婦人服は基幹3店で前年同月比6.5%減」という。阪急阪神百貨店は同0.8%減で、「婦人服はやや前年割れ」。大丸松坂屋百貨店は、化粧品やラグジュアリーブランド、食品などがけん引し同1.6%増となり、「コートは婦人、紳士ともに同14~15%減だったが、コート以外のアイテムは前年売り上げを取れているので、感触は悪くない」。高島屋の単体(13店舗)は0.5%減で、「子会社を含めた17店だと、婦人服は同8.6%減だった」。そごう・西武は同0.3%増で、「婦人服は前年実績をやや割り込んだ」。

 コートに代わって、ジャケットやワンピース、ボトムスが売れたという声が各社から上がったが、コートの落ち込みをカバーするまでには至らなかった。昨年の11月は気温が低く、比較的重衣料がよく売れたため、その影響も少なからず受けている。

 一方、点の話にはなるが、メンズの高感度マーケットでは「高級ダウンコートの指名買いが多く、悪くない」といった声が伊勢丹新宿本店メンズ館、阪急メンズから上がっている。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 六本木ヒルズにオトナ女性に向けたブランドが続々オープン

    Created with Sketch.
    商業施設リブランディングオープン PR
  2. 「美ST」が特集内の表現で批判受け謝罪

    Created with Sketch.
    企業動向雑誌・書籍・媒体SNS
  3. 「ゾフ」子会社がサザビーリーグと眼鏡スタート 西武池袋に直営店オープン

    Created with Sketch.
    企業動向企業タッグオープン新ブランド・新ライン
ブランド検索
シーズン検索
false false true true true false true true