1. 「アキコアオキ」が渋谷のホテルの一室でプレゼンテーション 知的で少し色っぽい女性像

「アキコアオキ」が渋谷のホテルの一室でプレゼンテーション 知的で少し色っぽい女性像

コラム コレクション・レポート

2018/10/12 (FRI) 11:45

 青木明子がデザインするウィメンズブランド「アキコアオキ(AKIKO AOKI)」が、10月15日に開幕する「アマゾン ファッション ウィーク東京」に先駆けて、2019年春夏のプレゼンテーションを行った。従来はランウエイショー形式で発表してきたが、「ショーとは違う、身近な環境の中で見せたかった」という青木が今回選んだ会場は、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルの一室。そこに滞在する、知的でセンシュアルな女性像を浮かびあがらせた。

 部屋に足を踏み入れると、薄暗いリビングでモデルたちがソファに座っている。身に着けているのは、細かなドット柄のファブリックにギャザーを寄せて体のラインに沿わせたドレスや、中に合わせたブラトップがのぞくシアーなトップス。微動だにしないモデルの奥で、人影の映像が動く。続くベッドルームには、ランジェリードレスやパンプスが脱いだままに残され、花が飾られたバスルームには化粧品やピルケースが使いかけで並ぶ。

 ウォークインクローゼットに並ぶ服は、メンズウエアを象徴するスーツやシャツをアレンジすることで、かえって女性らしさを強調するという青木らしいアプローチを生かしたドレスやトップス。1990年代のムードが漂う、薄地のスポーティーなトップスなどはブランドとして新鮮なアイテムだ。

 「ホテルは不特定多数に向けた場所なのに、その日だけは私だけのものになる。(人に対して開かれた)フラットさと、プライベートな感覚が混在している点にひかれた」と青木。静かに座っているモデルたちの奥で人影が動くという対比は、かつて部屋に滞在していた誰かを想起させるものだ。

 リアリティーの提案の一環として「どういった環境で人が服を着たいと思うのか」という背景までを見せることをこの間追求している。そうした考えから、前シーズンは観客の前でモデルたちが着替えていく変則的なショーを行った。今回のプレゼンテーションもその延長上にある。

 今季から「アキラ ナカ(AKIRA NAKA)」などの人気ブランドも扱うセールス・エージェントのハルミ ショールームに所属した。新規の卸先開拓に力を入れ、注目の新進ブランドという現状の立ち位置からの前進を目指す。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true