1. メンズブランド「ラウンジリザード」が2018-19年秋冬シーズンをもって休止 

メンズブランド「ラウンジリザード」が2018-19年秋冬シーズンをもって休止 

ブランド休止

2018/10/10 (WED) 09:30

 オッズが運営するメンズブランド「ラウンジリザード(LOUNGE LIZARD)」が、2018-19年秋冬シーズンをもってブランドを休止すると発表した。大阪店は11月末、他全国の店鋪は1月末で閉店する。同ブランドは1998年にデザイナーの八重樫学、東郷達也、有働幸司が設立。テーラードジャケットやタイトなパンツなどシャープなシルエットのベーシックなアイテムが特徴で、10月10日で20周年を迎えたばかりだった。

 なお、有働は独立して自身のブランド「ファクトタム(FACTOTUM)」を設立している。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true