1. コシノヒロコの「中原淳一へのオマージュ」展が開催

コシノヒロコの「中原淳一へのオマージュ」展が開催

企業タッグ イベント

2018/10/10 (WED) 10:00

 ヒロココシノのKHギャラリー銀座は11月4日まで、企画展「コシノヒロコ 中原淳一へのオマージュ」を開催している。

 中原淳一は昭和初期から後期にかけ活躍した画家、編集者、ファッションデザイナー。少女雑誌の表紙絵や挿絵を手掛け、自身の女性誌「それいゆ」や「ひまわり」「ジュニアそれいゆ」などでファッションやヘアメイク、インテリアなどの情報を発信し、人気を博した。同展では中原から大きな影響を受けたというコシノがセレクトした中原のイラストの原画5点を展示している他、コシノが中原へオマージュを捧げて描いた個性の異なる女性の肖像画を披露している。

 同展はコシノからの長年のラブコールで実現したという。 9日に開かれたオープニングレセプションでコシノは、「中学1年生の入学式で、母が中原先生の雑誌を見て作ったヒマワリ柄の洋服を着たことで“ヒマワリっ子”って呼ばれたことが思い出になっている(笑)。実は私は裁縫が苦手で、母のようなファッションデザイナーではなく、絵描きになりたいと思っていたが、『それいゆ』のスタイルブックを見て、“私の好きなイラストをファッションに生かすことができるのではないか”と、中原先生の作品から教えてもらった」と思いを語った。

 中原淳一の作品を管理する中原利加子ひまわりや代表は「中原淳一が他のアーティストと一緒に展示を行うことは殆どなく、とても珍しいことで、幼い頃から中原の作品に触れていたというコシノ先生と一緒に展示する機会に恵まれとても感慨深い。今回の展示作品は全てコシノ先生が選び、スケッチブックの表紙や、和装のペン画などバリエーションを見ていただくことができる。作品は雑誌に掲載する印刷前の版下で、トンボや、サイズや色の指示が書かれており、本人は額に入れて飾られるとは想定していなかったもの。手作りで雑誌が作られていたことを感じていただけるだろう」と話す。

■コシノヒロコ 中原淳一へのオマージュ
会期:10月9日~11月4日
時間:10:30~19:00 ※10月18日は18:00まで
休廊日:10月21日、28日
会場:KHギャラリー銀座
住所:東京都中央区銀座4-3-13 和光並木通ビル地下1階

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true