1. ビジュアルマーチャンダイジング特集 ミレニアル世代攻略の鍵は魅せる売り場作り

WWD BEAUTY Vol. 514

ビジュアルマーチャンダイジング特集 ミレニアル世代攻略の鍵は魅せる売り場作り

WWDビューティ 紙面紹介

2018/8/29 (WED) 06:00

 「WWDビューティ」8月30日号は、VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)の特集です。VMDは内装やディスプレー、POPなどで“魅せる売り場”を作ること。専任者を付けて注力するブランドがある一方、その都度チームを作って対応するブランドもあるなど、その取り組みは各社さまざまです。

 美容業界におけるVMDの役割には大きく2つの流れがあり、スタッフを介さずとも売れる、「魅せる」売り場を作ることと、リアル店舗ならではのメリットである「体験」の価値を表現すること。この「魅せる」ことと「体験」することの2つの方向性から、VMDのトレンドを探ります。

 “買い物の楽しさ”を強く訴求するそごう横浜店、女性を高揚させる環境作りを意識したイセタンミラー、“パリの女の子の部屋”をイメージしたコスメキッチン(COSME KITCHEN)など、百貨店、セミセルフ、セレクトショップ、バラエティーショップ、直営店といった各カテゴリーのVMDに対する取り組みを取材しました。

 ニュース面では、カテゴリーバランス(商品構成)が変化して拡大を続けている百貨店の化粧品売り場、「ランコム(LANCOME)」の最高級スキンケアシリーズ「アプソリュ(ABSOLUE)」リニューアル、スキンケアが好調で利益増となったエスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES)とプロクター・アンド・ギャンブル(PROCTER & GAMBLE)の2018年6月期決算を解説しています。また、日本初上陸となる米国のボディーローションブランド「ジャーゲンズ(JERGENS)」にも注目です。

 その他、阪急うめだ本店にオープンした「阪急ビューティースタジオ」、3ブランドを新しく導入する伊勢丹新宿本店、いよいよ発売となる総合メンズブランド「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM × THREE)」、人気美容室「シマ(SHIMA)」がプロデュースするヘアスタイリング剤「サロンセレクト(SALON SELECT)」、オーガニック・ナチュラルブランドのPR業務を行うラキャルプが開催した“オーガニック・フェス”の模様をお届けします。

contents

IN FOCUS

  • VMD特集 ミレニアル世代攻略の鍵は魅せる売り場作り

NEWS

  • 百貨店生き残りに大きな期待 広がる化粧品売り場をどう作る?
  • ランコム「アプソリュ」がリニューアル
  • エスティ、P&Gともに18年決算はスキンケアが好調
  • 米国で人気のボディーローションブランドが日本初上陸
  • 「阪急ビューティースタジオ」が開店 セミセルフと百貨店の間の接客を提供
  • 伊勢丹新宿本店が3ブランドを導入 6年ぶりの新規入店
  • メンズブランド「FIVEISM × THREE」お披露目
  • 人気美容室「シマ」がプロデュース スタイリング剤「サロンセレクト」を発売
  • PR会社ラキャルプが“オーガニック・フェス”初開催

TOPICS FASHION

  • ハウス・オブ・フレーザー破綻狂騒曲

SERIES

  • ロングセラーの理由(わけ)教えます! 第10回 ポアレスラボ
  • 海外ビューティ通信 VOL. 193 ロンドン編

編集部が選ぶ新製品情報

BEAUTY PATROL

WEEKLY SCHEDULE 8/30~9/5

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true