森星らがカスタマイズした「フェンディ」のアイコンバッグ“ピーカブー” チャリティーオークションに出品

アニバーサリーチャリティー企業タッグイベント

2018/8/13 (MON) 05:00

 「フェンディ(FENDI)」は今秋、アイコンバッグ“ピーカブー(PEEKABOO)”の誕生10周年を記念し、チャリティー企画「ジャパン ピーカブー プロジェクト」を実施する。セレブリティーやアーティスト、文化人がカスタマイズした “ピーカブー”を販売して収益を寄付する企画で、これまで英国や中国、韓国でも実施してきた。日本では、2015年に続く2回目の開催となる。

 今回は“世代を超えて受け継がれるアイコン”をテーマに、デザイナーの森英恵を祖母にもつモデルの森星、エッセイストの安藤和津を母にもつ映画監督の安藤桃子、松田優作と松田美由紀の娘でシンガーのゆう姫が参加。3人がカスタマイズしたバッグは9月11~24日、オンラインオークションで販売され、収益は3人のそれぞれが支持する団体へ全額寄付されるという。

 また、9月11~24日には銀座 蔦屋書店内GINZA ATRIUMでエキシビション「フェンディ ピーカブー ~世代を超えて受け継がれるアイコン~」を開催し、3人の作品を展示する。3人の作品の他に、ミュージシャンのアデル(Adele)やモデルのカーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)、画家の松井冬子らが過去に同チャリティー企画で手掛けた作品6点も展示する。

 会場には、“ピーカブー”のオーダーエリアも設ける。来場者は、バーチャル上で自分だけの色合わせなどを試してオーダーすることが可能。折り紙アーティストによるペーパークラフトワークショップも開催する。

 「ジャパン ピーカブー プロジェクト」とエキシビションに合わせて、「フェンディ」銀座店では、日本限定の“セレリア ピーカブー”を販売する。同バッグは“ピーカブー”の中でも職人の手作業によるステッチが特徴。レギュラーサイズとミニサイズの2サイズ展開で、グレーベージュのレギュラーサイズは55万7280円、サンフラワーイエローのミニサイズは48万9240円。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. PICKUP

    ドンキHDが渋谷・道玄坂に複合ビル開発 2022年春開業

    企業動向商業施設
  2. PICKUP

    藤原ヒロシの「ザ・コンビニ」オープン直前 発売商品ほぼ全部見せ

    企業動向商業施設オープン
  3. マークイズみなとみらいが新規と改装10店 9月にリニューアルオープン 

    商業施設リブランディングオープン
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true