WWD BEAUTY Vol. 511

植物の力と最新テクノロジーが集結 2018年秋冬スキンケア特集

 「WWDビューティ」8月2日・9日合併号は2018年秋冬スキンケア特集です。各メーカーから発売される新製品をピックアップし、現在のトレンドや製品作りの傾向を探りました。特に今年の秋冬はリニューアルも含め、新ブランドや新ラインが多く登場します。新成分や新処方、ライン使いによる肌力の底上げ提案など、それぞれのブランドの特徴を紹介しています。

 この秋冬に登場する新ブランドで注目なのが、ACROのラグジュアリー系オーガニックコスメ「イトリン(ITRIM)」や、アダストリアの「カレイドエビーチェ(CALEIDO ET BICE)」など、植物の力に着目した製品です。植物系は効果が物足りないという声を受け、機能性を高めた製品がそろいました。また、ネオファーマジャパンの「アラヴィータ(ALAVITA)」のような、製薬会社の研究力を活かしたブランドも注目です。

 18年秋冬スキンケアのもう1つの話題は、パーツや悩みなど“目的と効果”をうたった化粧品が数多く登場することです。パーツケアに対する意識が高まる中、各ブランドが研究力を注ぎ込んだ製品が発売されますが、特にアイメイクはスマートフォンやタブレットなどで目を酷使することによる目元トラブルにより、今までになく豊作だといわれます。紙面では他にハリ対策やシワ対策も紹介しています。

 ニュース面では、2021年から施行されるハワイ州の日焼け止めの規制についてのまとめや、「ディオール(DIOR)」のリップスティック最新作、ブランドを刷新し9月に日本に再上陸するフランス発「クヴォン・デ・ミニム(LE COUVENT DES MINIMES)」の話題を取り上げました。また、MTGの「リファ(REFA)」から発売される、炭酸美容とファンデーションを組み合わせた初のベースメイクアイテムの詳細も掲載しています。

 その他、ドラッグ&バラエティー市場のヘアケアブランドでトレンドになりつつある“ボタニカル プレミアムライン”の概要、「エスト(EST)」や「メルヴィータ(MELVITA)」の新製品、“0歳から始めるエイジングケア”をテーマに発売する「THREE」のベビー&キッズライン、ユニリーバの18年1〜6月期決算速報値、日本橋高島屋S.C.にオープンする、コンフォートジャパンの新業態店も取り上げています。

contents

IN FOCUS

  • 2018年秋冬のスキンケア特集

NEWS

  • ハワイ州の日焼け止め成分規制は市場に何をもたらすか
  • 「ディオール」が最強フォーミュラのリップスティックを発売
  • 仏発「クヴォン・デ・ミニム」がフレグランスブランドとして再上陸
  • MTG「リファ」から初のベースメイク
  • “ボタニカル プレミアム”ラインが続々登場
  • 月下香の自己再生力に着目「エスト」の新クリーム
  • 「メルヴィータ」がインディゴオイルを使用した初のスカルプケアを発売
  • 「THREE」からベビー&キッズライン誕生
  • ユニリーバ18年上半期は化粧品部門が好調
  • 「コンフォートゾーン」と「ダヴィネス」を融合した新業態の直営店がオープン

TOPICS FASHION

  • LVMHの銀座拡大戦略を大予想

SERIES

  • いつものメンツで井戸端会議 VOL. 11 福本敦子フリーランスPR兼美容コラムニスト × 高橋有紀ヘア&メイクアップアーティスト兼ヘアサロン「リーサ(LYSA)」代表 × 轟木あずさ美容ライター
  • U-30! 次世代インフルエンサー美容師 VOL.13 久保梨沙/ABBEY
  • 海外ビューティ通信 VOL.190 ベルリン編
  • 編集部が選ぶ新製品情報
  • BEAUTY PATROL
  • WEEKLY SCHEDULE 8/2~8/7
LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true