1. コンセプチュアルなジュエリーの先駆者リア・ディ・グレゴリオ

コンセプチュアルなジュエリーの先駆者リア・ディ・グレゴリオ

インタビュー

2018/7/9 (MON) 08:00

 イタリア・ミラノを拠点に活躍するジュエリーデザイナーのリア・ディ・グレゴリオ(Lia Di Gregorio)がアッシュ・ぺー・フランス ビジュー(H.P. FRANCE BIJOUX以下、アッシュ・ぺー)の丸の内店と大阪店でトランクショーを開催した。彼女はミラノでメタルアートを学んだ後1990年代に自身の名前を冠するジュエリー・ブランドをスタート。ブランド設立当時から、あえて内側にパールを付けたリングやバングル、知恵の輪のようなブレスレット兼リングなどをデザインするコンセプチュアル・ジュエリーの先駆者的存在だ。アッシュ・ぺーはもとより、ドーバー ストリート マーケット ロンドン(DOVER STREET MARKET LONDON)やパリのホワイトバード(WHITE BIRD)など、世界の感度の高いショップで販売されている。彼女にクリエイションのインスピレーションやジュエリー作りについて聞いた。

WWD:ジュエリーデザイナーになったのはいつ?

リア・ディ・グレゴリオ(以下、グレゴリオ):高校卒業後にフィレンツェの金細工工房で修業して少しずつジュエリーを作り始めた。約10年が過ぎたころ、バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)のバイヤーが買い付けたのがきっかけで自分のブランドを立ち上げた。

WWD:デザインのインスピレーションはどこから?

グレゴリオ:抽象的なものからアイデアを得ることが多い。もちろん、見に行った展示会や自然などからインスピレーションを得ることもある。

WWD:自身のジュエリーのコンセプトは?

グレゴリオ:抽象的なモチーフに動きを加えたり、音が出るようにデザインしたり、着けて発見するジュエリーだと思う。クラシカルなテクニックを使用し、コンテンポラリーに仕上げている。アトリエで金細工の職人が一つ一つ手仕事で作るメード・イン・ミラノのジュエリーだ。

WWD:パールを内側に付けるという斬新な発想はどこから?最近ではこのようなコンセプチュアルなジュエリーをよく見るが、あなたは約20年前にデザインしたそうだが?

グレゴリオ:パールというとオールドファッションな印象だが、それをコンテンポラリーに表現しようと思い、考え付いた。このシリーズは定番として継続して制作している。

WWD:使用素材はゴールドとパールのみか?

グレゴリオ:18金のイエローゴールドを使用することがほとんど。18金がジュエリーには最も適しているから。ルビーやサファイヤを使用することもあるが色石を使用するケースは少ない。

WWD:クリエイションの過程は?

グレゴリオ:スケッチから初めて、紙やワイヤーを使ってサンプルを試作する。いいアイデアが浮かんでもそれを形にできるいい職人が少ないのが問題。

WWD:ジュエリーとはどのような存在だと思うか?

グレゴリオ:女性の自己表現の一部。本物のジュエリーを着けることで自信がつくはずだ。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 「モンベル」が作ったインナーダウンという当たり前

    トレンドインタビュー
  2. ヴァージルが手掛ける「ルイ・ヴィトン」2019年春夏メンズの注目アクセ10選

    コラム新作コレクション・レポート
  3. 伊ダウン「ムーレー」 伊藤忠と共に30億円ビジネスを目指す

    企業動向オープンインタビュー
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true