ファスナー販売90億本のYKK猿丸社長のコメントから探る 2016年世界アパレル産業予想図

コラム

2016/2/6 (SAT) 14:00
猿丸雅之/YKK社長
 

 ファスナーの世界最大手YKKの2016年3月期のファスニング事業は、売上高が前年比109%の3410億円、営業利益が同106%の610億円の見通しになった。15年3月期に年間83億本だったファスナー販売量は約90億本に拡大したが、期初計画の92億本はやや下回った。世界のマスマーケットにファスナーを供給するYKKの猿丸雅之・社長は16年の世界のアパレル市場をどう見ているのか。

世界的な低価格品拡大は続く


世界のアパレル輸出額の推移 

 今後も中長期的に世界のアパレル製品の価格は下落するというのがYKKの見方だ。そのため同社は13年度にスタートした4カ年の中期経営計画の柱に、ボリュームゾーンとファストファッション市場の攻略を掲げ、ファスナーの年間販売100億本計画をスタートした。「アパレル産業は世界的に見ると成長産業だが、その波はトップゾーンという上からではなく、低価格のボリュームゾーンという下から来る。この2年で量販店ゾーンの攻略はだいぶ進んだ」。15年は、インドネシアに設立したジーンズ用ファスナーの基幹材料である銅合金ワイヤーとスライダー工場を本格的にスタート。量販店向けの低価格帯専用のファスナー製造機も開発するなど、ボリュームゾーンへの対応が本格化した。ただ、ファストファッション攻略はまだ途上だ。「短納期でタイムリーに供給する体制は整いつつあるが、先方が望むような、こちらからトレンドとバラエティーに富んだアイテムを提案するまでにはいたってない」。上海とベトナムを中心に、生産のリードタイムを大幅に短縮するプロジェクトをスタートしており、「上海工場は、ファストファッション攻略の最も重要な戦略拠点。ここで得たノウハウを、YKKグループの他の拠点に移植する」という。今後数年で大きな影響を与えそうなのが、TPP(環太平洋経済連携協定)だ。「発効の具体的なスケジュールはまだ出ていないが、今後はますますベトナムが重要になることは間違いない。ベトナムはジャケットやブルゾンといった"上モノ"に強く、日本や米国への輸出拠点になるだろう」。

次ページ:今後伸び悩む市場、成長する市場とは?▶

READ MORE 1 / 1


“アスレジャー”でジーンズ・チノパン市場に陰り

 92億本のファスナー販売計画を下振れさせた大きな理由の一つが、米国を中心に大きな市場を持つジーンズとチノパンの伸び悩みだ。猿丸社長は「米国のジーンズ・チノパン市場の底打ち感はあるものの、思ったほど伸びなかった。これまでジーンズやチノパンの牙城だった米国のマスのトレンドに、スエットパンツやヨガパンツなどの"アスレジャー"が台頭しつつあることが原因だ」と指摘する。YKKはジーンズやチノパンに使用される金属製のファスナーで高いシェアを握ってきた。米国のジーンズとチノパンの市場は、ジーンズが落ちれば、チノパンが増えるといったようにトータルでは安定した市場だった。ファスナーを使わないアスレジャーの広がりは、米国のカジュアルウエアの市場のこれまでにない大きな変化だ。

ラグジュアリーは中国の影響色濃く

 一方、息を吹き返し、再び成長を始めたのがスポーツ市場だ。「『ナイキ(NIKE)』『アディダス(ADIDAS)』といったメガブランドがシェアを拡大している」という。「ナイキ」などのグローバルブランドは、YKKファスナーの高品質と高性能、そして安定したグローバル供給体制を評価しており、ほぼ同社の独壇場になっている。「2016年は中国経済の伸びが鈍化しているものの、スポーツ市場の伸びはそれを上回り、安定して成長を続けそうだ」。逆に、中国市場の不振で低迷しそうなのがラグジュアリーの分野だ。YKKは欧州発の高級ファスナー「エクセラ」の他、それまで技術のブラックボックス化のため、日本に限定していた部品や加工の開発・生産の一部をイタリアに移管するなど、ラグジュアリー市場の対応を強化し、フランスやイタリアのラグジュアリー・ブランドへのシェアを拡大してきた。「市場全体として中国市場の停滞の影響をかなり受けている。発注の動きも弱くすぐに回復が難しいと感じている」。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 「表現方法一つで新しい市場を生み出す」というBANK光本社長の哲学

    アプリ・ウェブサイトインタビュー
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true