1. 「トーマス マイヤー」がブランド休止へ ケリングが認める

「トーマス マイヤー」がブランド休止へ ケリングが認める

企業動向 閉店・閉鎖 ブランド休止

2018/6/25 (MON) 08:45

 ケリング(KERING)は「ボッテガ ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のクリエイティブ・ディレクターを退任したトーマス・マイヤー(Tomas Maier)のシグネチャーブランド「トーマス マイヤー」とのパートナーシップ契約を解消し、ブランドを休止することを明らかにした。

 2019年プレ・スプリング・コレクションと19年春夏メンズ・コレクションの受注はキャンセルされているという。ニューヨークのマディソン・アベニューにあるマンハッタン店とブリーカー・ストリート店の2店舗を構えるが、両店舗は年末に閉店する見通しで、ECサイトも同時期に閉鎖する。事業を停止することで「トーマス マイヤー」で働く20~30人程の従業員に影響が出ると見られている。

 ケリングは、「トーマス・マイヤーは引き続き『トーマス マイヤー』の商標権を保有する。また、ケリングは今後数カ月をかけて現地の組合と相談しながら雇用確保にベストを尽くす」とコメントしている。

 「トーマス マイヤー」は1997年創業。2013年にケリングとトーマス・マイヤーが共同出資の形で合弁会社を立ち上げた。アナリストによると、当時の売上高は1000万ドル(約10億円)程度で、百貨店やセレクトショップを含む約100カ所に卸していたという。

 ケリングは18年1月に、保有していたプーマ(PUMA)株の70%を同社株主に現物分配し、同年4月にはアクションスポーツブランド「ボルコム(VOLCOM)」を売却するなど、ラグジュアリー事業に注力するために事業を整理している。また、同社は保有していたステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)株を3月末でステラ本人に売却。現在はクリストファー ケイン(CHRISTOPHER KANE)株をデザイナーのクリストファー本人に売却するための交渉を進めている。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
ブランド検索
シーズン検索
false false true true true false true true