アダム エ ロペ2018-19年秋冬は大人客の取り込みがカギ

企業動向

2018/6/22 (FRI) 12:00

 ジュンのアダム エ ロペ(ADAM ET ROPE)のウィメンズは2018-19年秋冬、30代後半以上の大人客の取り込みを目指す。この間、「25~30歳の客の取り込みは狙い通りできていた」が、その分大人客が減っていたことを受け、大人の日常に寄り添う提案を改めて強化する。

 食器、コスメ、観葉植物などのライフスタイルグッズを導入する店舗を増やし、リアリティーを強める。ウエアでは、ショップの原点であるモードっぽいムードのアイテムに加え、大人が日常で着やすいリラックスしたニット類などを充実する。デニムボトムスは「ビッグジョン(BIG JOHN)」とコラボし、ハイウエストのテーパードパンツ(1万3000円前後)など4型を企画。日本製の高品質を店頭でもアピールする。前シーズンの「サムシング(SOMETHING)」とのコラボは若い層に人気だったという。

 素材軸での打ち出しにも力を入れる。テディベアで有名なドイツのぬいぐるみメーカー「シュタイフ(STEIFF)」で使われているフェイクファーを使い、ジップブルゾン(7万6000円)、ジャケット、スリッパなどを企画した他、国内の産地企業と組んだ太畝コーデュロイ生地のアイテムなどをそろえる。

 メンズは素材軸の提案をより強化している。いち押しは、透湿、防水などの機能素材である東レの「ダーミザクス(DERMIZAX)」を表地に使ったアウター6型。昨年も好評だったシリーズといい、ショート丈のダウンコートで3万4000円。他に、軽くてケアも手軽なポリエステル100%でウールツイードの表情を出したオリジナル素材でブルゾンやコート、パンツなどを作った。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true