ドイツのサステイナブルな時計ブランド「カーブホルツ」が日本本格デビュー

サステイナブルインポーター日本上陸 PR

2018/6/15 (FRI) 03:00

 三栄コーポレーション(東京、小林敬幸・社長)は、ドイツの時計ブランド「カーブホルツ(KERBHOLZ)」と日本における独占販売契約を3月に結んだ。同ブランドの時計のベゼルやブレスレットには天然木が使用されており、カッティングによる模様は二つとして同じものがない。長く使うことで風合いも増し、経年変化を楽しむことができる。小林社長は「木は、日本人にとってなじみ深い素材だ。『カーブホルツ』の理念とプロダクトを多くの方に届けたい」とコメントした。

 「カーブホルツ」は2012年、ドイツ人のマティアス・クッペ(Mattias Koeppe)とモリッツ・ブレース(Moritz Blees)によってスタートした。中米を旅行した2人は、木製のボートやジャングルにあるテラス、ネイティブアメリカンの工芸品に触れ、素材としての木の素晴らしさを再認識し、これがブランド設立のきっかけとなった。ドイツ語でKERBは「刻む、削る」、HOLZは「木」。KERBHOLZは「刻まれた木」を意味し、「身に着ける人それぞれの大切な時も刻んでほしい」というメッセージも込められている。

 同ブランドは自然保全活動にも積極的で、「優れたデザインは環境に配慮すべき」という理念の下、17年にデザイニング トゥ サステイン(DESIGNING TO SUSTAIN)基金を設立した。毎年利益の10%を基金を通し、さまざまなプロジェクトやNGOに資金援助し、ニカラグアの植林や海洋プラスチックごみの除去活動などに役立てられている。




問い合わせ先
三栄コーポレーション
03-3847-3515

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. こじはるがアパレルブランドをスタート 公式オンラインストアのみで販売

    アプリ・ウェブサイトEC新ブランド・新ライン
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false false true