ギャップが“不正確な”中国の地図プリントTシャツで謝罪

企業動向社会情勢SNS

2018/5/17 (THU) 03:30

 ギャップ(GAP)が、台湾などを除いた中国本土のみを描いた地図をプリントしたTシャツを販売したことについて、批判を受けて謝罪したとロイター(REUTERS)など複数の媒体が報じている。事の発端は中国版ツイッターであるウェイボーだ。あるユーザーが、カナダの店舗で売られていたという、南チベット、台湾、南シナ海などが含まれない“不正確な”中国地図のプリントTシャツを投稿したところ、非難が相次ぎ、炎上状態となった。中国政府は、台湾など当該地域の領有権を主張している。

 これを受けて、ギャップはウェイボーの公式アカウントに、「ギャップは中国の主権と領土問題を尊重する。このミスは意図的なものではない。非常に申し訳なく思っている」といった旨の謝罪文を5月14日に投稿した。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 藤原ヒロシ × ポケモンのプロジェクト 年内に「銀座ソニーパーク」でポップアップ

    アニメ・マンガSNS企業タッグポップアップ新作
  2. ナノ・ユニバースが女子アナ3人と協業 働く女性のための新レーベル

    企業タッグ新ブランド・新ライン
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true