ギャップが“不正確な”中国の地図プリントTシャツで謝罪

企業動向社会情勢SNS

2018/5/17 (THU) 03:30

 ギャップ(GAP)が、台湾などを除いた中国本土のみを描いた地図をプリントしたTシャツを販売したことについて、批判を受けて謝罪したとロイター(REUTERS)など複数の媒体が報じている。事の発端は中国版ツイッターであるウェイボーだ。あるユーザーが、カナダの店舗で売られていたという、南チベット、台湾、南シナ海などが含まれない“不正確な”中国地図のプリントTシャツを投稿したところ、非難が相次ぎ、炎上状態となった。中国政府は、台湾など当該地域の領有権を主張している。

 これを受けて、ギャップはウェイボーの公式アカウントに、「ギャップは中国の主権と領土問題を尊重する。このミスは意図的なものではない。非常に申し訳なく思っている」といった旨の謝罪文を5月14日に投稿した。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 「カルヴェン」破たん 身売り先を探す

    企業動向破産・倒産
  2. 売上高日本一のSC「成田空港」 数年後1500億円規模に

    企業動向商業施設決算
  3. メンズ誌「ワープ・マガジン・ジャパン」が休刊

    雑誌・書籍・媒体休刊
  4. 三愛水着楽園が刷新 ワコール傘下で体型カバー水着も開発

    リブランディング新作イベント
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false false