豊島が東大発ベンチャーのゼノマに出資 スマートアパレルの実用化を後押し

資金調達企業動向テクノロジーM&A

2018/5/16 (WED) 00:00

 繊維商社の豊島は、東京大学発のベンチャーでスマートアパレルを展開するゼノマ(Xenoma)の第三者割当増資を引き受ける。ファッションテック企業への出資を目的にしたCVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)を活用する。出資額は非公表。

 ゼノマは東大大学院の染谷隆夫・教授が開発した伸縮性と耐久性を兼ね備えた布状のプリント基板の実用化を目指すベンチャー企業で、導電性のあるテキスタイルとアパレルを「イースキン(E-SKIN)」ブランドで展開している。同社の「イースキン」を使うことで、心拍などの生体情報をセンシングし、介護や作業現場などでの活用が期待されている。

 CVCを活用した豊島のファッションテックへの出資は、これで4件目。同社はカジュアルウエア分野のアパレルOEM(相手先ブランド生産)を中心に、ユニホームなども手掛けており、ゼノマへの出資により、既存の事業とのシナジーを目指す。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 「カルヴェン」破たん 身売り先を探す

    企業動向破産・倒産
  2. 村上隆が「ドラえもんUT」コラボを語る さっそく外国人観光客がまとめ買い

    アニメ・マンガ企業タッグ新作イベント
  3. 三愛水着楽園が刷新 ワコール傘下で体型カバー水着も開発

    リブランディング新作イベント
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false false