「アディダス」 × 「ワン」からシーズン3の“Drop 1”が発売

企業タッグ新作

2018/4/13 (FRI) 05:30

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は4月21日、昨年8月から続く「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」との3度目のコラボコレクション「アディダス オリジナルス バイ アレキサンダー ワン」の“Drop 1”を発売する。東京・南青山の「アレキサンダー ワン」旗艦店をはじめ、両ブランドの公式サイトやドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)などの一部セレクトショップで取り扱う。

 同コレクションは工場の検品作業にインスパイアされ、製造時に起きてしまうミスや欠陥からアイデアを得た13アイテムをラインアップ。左右非対象のプリントや形状記憶のように直せないシワなど、通常では出荷不良となるようなミスを商品に反映し、不完全さや欠陥を“新しい完璧”として定義した。アパレルは検品作業で使用するスタンプを連想させるグラフィックをプリントしたTシャツ(1万4000円)や3ストライプスのプリントミスのように見える線をデザインしたトラックジャケット(3万5000円)、クルーネックスエット(2万円)、ポンチョ(3万5000円)など。スニーカー“AW BBALL SOCCER”(3万5000円)は「アディダス オリジナルス」のサッカーシューズを元に、アッパーにスエードを使用し、シューレースに透明な素材のアクセサリーを施したモデルを用意した。

 キャンペーン映像は、デザイナーのアレキサンダー・ワンがお気に入りのモデル集団“Wang Squad”を引き連れて砂漠地帯で行われる世界最大級の野外音楽フェス「コーチェラ(COACHELLA)」に訪れる旅の様子を捉え、「アディダス オリジナルス」のソーシャルメディアで公開する予定だ。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 神楽坂のラカグが営業終了 アコメヤに業態変換

    企業動向商業施設リブランディング
  2. PICKUP

    「ジジ」休刊 名物編集長の岸田氏退任発表後に急展開

    企業動向雑誌・書籍・媒体休刊
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true