1. 2018-19年秋冬トレンド “ルールなし”こそ今の気分 「企画デザイナーたちよ、思いつくままに服を作れ!」

WWD JAPAN Vol. 2025

2018-19年秋冬トレンド “ルールなし”こそ今の気分 「企画デザイナーたちよ、思いつくままに服を作れ!」

WWDジャパン 紙面紹介

2018/4/14 (SAT) 03:00

 4月16日号の「WWDジャパン」は、2018-19年秋冬トレンド特集です。今回は4都市で特集したトレンドを背景に、今ファッションはどんなムードが必要なのかを考えました。そこで取材チームが各都市で感じた「ファッションを楽しもう!」というメッセージを国内アパレルメーカーの皆さんにも届けるべく、今シーズン台頭した“80's”と“ストリート”のスタイルをひもときます。

 トップニュースは、6月に開業する阪神梅田本店の第Ⅰ期棟について。エイチ・ツー・オー リテイリングは関西最大の商業地、梅田で“ファッションの阪急うめだ本店”とどのように住み分けするのか、現地リポートしています。また、新体制となった百貨店5社の特選担当者に、各社の戦略から現在のラグジュアリー市場について、趣味や私服でよく着るブランドまで聞きました。

 「BoF 500」にも選ばれた、ラフォーレ原宿のセレクトショップ「グレイト(GR8)」の久保光博バイヤー兼社長に直撃。4月に増床し、EC全盛時代に月平均8000万円を売り上げる同店の成長と販売力について聞いています。また、来日したクレア・ワイト・ケラー(Clare Waight Keller)「ジバンシィ(GIVENCHY)」アーティスティック・ディレクターにインタビュー。彼女が新たに目指すオートクチュール復興とは?

 2018-19年秋冬東京展示会を完全リポート。「ケイタ マルヤマ(KEITA MARUYAMA)」や「タロウホリウチ(TARO HORIUCHI)」「アキラ ナカ(AKIRA NAKA)」「アカネ ウツノミヤ(AKANE UTSUNOMIYA)」などウィメンズ10ブランドの最新ニュースに加え、海外進出を目指す「オールモストブラック(ALMOSTBLACK)」や「ディスカバード(DISCOVERED)」など、期待の新人「ノブユキ マツイ(NOBUYUKI MATSUI)」や「コンダクター(EL CONDUCTORH)」などのメンズを総力取材しました。また、国内有力ショップのバイヤーが選んだ今シーズンイチ押しのブランドも必見です。

 「バーゼルワールド2018」特集では、弊紙が独断で選んだダイバーズウオッチ10傑を紹介。今年のトレンドにあがるダイバーズウオッチは、デザインや色、素材、そしてターゲットに少し冒険し、ただの定番に終わらないアイデアを取り入れたブランドが増えています。さらに、高性能化が進むダイバーズウオッチをよく知ることができる5つのキーワードも紹介します。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true